お仕事帰りにいつもの化粧品カウンターへ行って来ました。

いつものと行っても、最近金欠で足が遠のいておりました。

3ヶ月ぶりぐらいでしょうか。

化粧水を買いに来たが実は乳液は半年ぐらいなくなったまんま。

他の安いドラッグストアで買える乳液で代用中。

だって高いんだもの。

それだけ効果はあるけれど、今日も乳液は予算オーバー、

でも化粧水はここのやつじゃないとトラブるから絶対に必要なのです。

ここ数日、化粧水を切らせて安物で代用しており、

しかも今日は忙しくてメイク直しどころか鏡を見た覚えが皆無。

そっと小鼻あたりを触った感触では、うん、もう顔ボロボロだねって感じです。

化粧品は安物でも肌に合えばいいと思うんだけど、

予算もあるので併用したりしてますが、

私の場合お気に入りのやつじゃないとやる気が出ないんです。

お気に入りがないならもうオールインワンジェルでいっか、てきとーになります。

今日は化粧品カウンターでまんまとBAさんに怒られ、

どんなスキンケアをしてるのだと問い詰められ、ちゃんとしているよと嘘をつきました。

しかしちゃんとしてたらこの様なありさまにはならないはずなのでバレバレです。

BAさんも私の言葉を信じていない様子で、乳液のサンプルをくれました。

助かります、ありがとうございます。

今夜は購入した化粧品と、いただいた乳液サンプルでBAさんのアドバイス通り、

これでもかと肌を甘やかせてあげます。

明日あさってあたりには、元気な肌に戻りますように・・・。

夏のスキンケアは化粧水→乳液→化粧水でさっぱりと。

人一倍肌が荒れやすい私は、冬の間はとにかく肌が乾燥しないように

化粧水も乳液もしっとりタイプのものをたっぷり塗っていました。

塗ってから少しの間は肌がべたつきますが、空気が乾燥しているせいか、

しばらくするとあまり肌のべたつきが気にならなくなります。

ところが、空気が湿りがちな夏はそうもいきません。

外はじめじめしていても、室内にいるとクーラーの冷気で肌はたちまち粉を吹く始末。

ですが、冬と同じようにしっとりタイプの化粧水と乳液をべたべたと塗ると、

不快感でいてもたってもいられなくなるのです。

かといってさっぱりタイプのものでは私の乾燥肌に敵いません。

そこで試してみたのが、しっとりタイプの化粧水と乳液をしっかり肌に塗ってから

しばらく時間を置き、コットンにしみこませた化粧水で軽く肌を拭ってみるという方法です。

この方法なら、せっかく塗った乳液が台無しになってしまうこともありません。

拭った後の肌はほどよい手触りで、べたべたでもかさかさでもない、ちょうどよい具合でした。

夏のスキンケアでお悩みの方にはぜひ試していただきたいです。

蒸しタオルで顔の血行を良くして、乾燥肌を改善

冬は肌がかなり乾燥してきますが、特に顔に関してはここ近年、

以前よりも症状がひどくなってきたような気がしていました。

原因は年齢もあると思うのですが、それ以外にも生活習慣が変わったことも原因だと思いました。

顔の乾燥は冷えと乾燥した環境にもよると思いました。

以前は入浴中に湯船に顔を付けて、そのまましばらく顔を温めていました。

しかし、ここ近年はそれをやらなくなったことに気が付きました。

顔も体と同じで冷えないように温めていますが、芯から温まってはいないようです。

そのため、芯から温めるためにはやはり入浴するのが一番だと思います。

そこで湯船を顔につける代わりに、蒸しタオルを顔に当てて、しばらくそのままでいます。

床屋では蒸しタオルを顔に当てるようですが、

美容院でそれをやってもらったことは一度もありません。

しかし、実際に蒸しタオルを顔に当てるととても顔が温かくなり、

気持ちが良いことを知りました。

そして乾燥肌が少し改善されてきました。

自分としては良い方法を発見したと思っています。

お金をかけずに美肌キープのスキンケア。究極の節約美容。

ただいま絶賛金欠中の私。

節約生活をしつつも、お肌はいつでも色白綺麗な私でいたい、と考えています。

お洋服代、靴代、節約しているけれど、お肌は綺麗だねって言われたい。

そんな私は、お金をかけずに美肌をキープするための

自己流スキンケア法をあみだしてみました。

ズバリ、顔を触らないことです。

意外と誰でもやりがちなのは、癖で瞼や鼻などをこすりがち。

頬杖をついてしまったり。

私も前は手のひらで思いっきり頬を触っていました。

でもそうするとすぐニキビや吹き出物ができちゃうんですよね。

顔にばい菌を付けないためにも、とにかく顔は触らないんです。

こんな単純なスキンケア法を実践しています。

ちなみにこれは洗顔中も同じこと。

朝は水洗顔で洗顔フォームは不使用。

夜はメイク落としを使うけれど、絶対にこすらないです。

メイクの上に乗せるだけ、という感じ。

二度塗りしたウォータープルーフマスカラはさすがに落とすのに苦労するけれど、

こんな単純で簡単なスキンケアが一番お肌に優しいのかな?って思ってます。

おかげで今日も、色白美肌。

節約スキンケア法、おススメです。

仕事柄、戸外で過ごすことが多いので日焼けが気になります。

日焼け止めは必ず塗っているのですが、それでもひと夏が過ぎるころには焼けています。

若いころは多少焼けても問題なかったのですが、

年々年を重ねるごとに日焼けは肌へのダメージ大!しみやくすみの原因になってしまいます。

シミやくすみのある肌は実年齢よりも老けて見えるので本当に避けたいもの。

でも、できてしまったものは早めに対処したいものですね。

普段からビタミンを多く摂取するよう心がけていますが、

日に焼けたなと思った日にはサプリメントでも補うようにしています。

美白成分の含まれた収れん化粧水でたっぷりパッティングして皮膚の炎症を鎮め、

そのあとにしっかり保湿します。

肌のためには何といっても保湿が一番大切。

日焼けには早め早めのお手入れでシミやくすみを予防していきます。

もしできてしまったシミも、早めに対処すればかなり薄くすることができるので、

こまめに丁寧なお手入れで、透明感のある若々しいお肌を保ちたいものです。

季節を問わず気になる紫外線と私のスキンケア

10代の頃は全く気にせず日光を浴びまくって部活に海にキャンプに遊園地と

日焼け止めなんか塗らずに遊べてましたが25歳を過ぎた頃からでしょうか?

急にシミが気になるようになりました。

本当にシミはある日突然お肌にポツンと現れるので怖いですよね。

私は妊娠・出産を経験しすっぴんでいる事が多くなったある日鏡を覗いたら

左の眼の下あたりの頬にシミがポツンと出来ていてびっくりしました。

私の中でのシミの認識は「50代以上の年齢を重ねた女性に出来る物」

という勝手なイメージがあったからです。

そこからは毎日シミとの闘いです。

まず天気・季節に関わらずに日焼け止めを塗る。

これは絶対です。

冬だから、雨だから、というのは関係なく紫外線は常に私たちのお肌に降り注いでいるからです。

だからと言って肌の負担も気になりますよね。

私はSPFの数値が低い赤ちゃんにも使えるような日焼け止めをこまめに

塗り直すようにしています。

ちなみにカーテン越しでも紫外線は入ってくるので要注意ですよ。

超乾燥肌の対策として取り入れているスキンケア方法

私はもともとオイリーよりの肌質なのですが、

最近年齢のせいか肌の乾燥が気になってきました。

今までは、しっとりめの化粧水と美容液だけでOKだったのですが

(クリームや乳液をつけると逆に荒れてしまう)、

最近は化粧水・美容液の上から乳液を塗ってもすぐに顔が乾燥して突っ張ってしまいます。

乾燥に効くと評判のニベアも塗ってみましたが、それでもすぐ乾燥。

何かいい方法はないかと思っていたら、いくつか良い方法に巡り合いましたのでご紹介します。

一つ目は、余分な角質を除去してから保湿すること。

スクラブ入り洗顔料や、ピーリングジェルなどで顔をマッサージして、

余分な角質を取り除くと化粧品の保湿成分の浸透がアップするそうです。

乾燥してごわごわした肌は古い角質がたまっており、

その上から化粧品をいくら塗ってもなかなか効果を発揮できないそう。

顔そりを2週間に1回ペースでするのも効果的なようです。

産毛と一緒に角質が除去され、お肌もワントーン明るくなって化粧ノリもアップ。

色々塗りたくる前に、まずは引き算するのが大切なんだなあと実感しました。

今日は早く帰れたから、丁寧にスキンケア!

最近ずっと仕事が忙しくて寝不足が続いてたら、案の定肌が荒れてきてしまいました。

鼻の脇の皮が剥けてヒリヒリしています。

メイクの乗りも悪くなって、毛穴が目立ってきてしまいました。

これじゃ女性としてはヤバい!ということで、今日は家に早く帰れたので、

丁寧にお肌の手入れをしました。

まずは美顔器でスチームを顔に当てながら、優しくクレンジング。

そのあと岩塩を入れたお風呂で半身浴をしました。

お風呂から出たらパックを顔に張り、クリームを全身に。

最後に高めの美容液をハンドプレスしてつけて出来上がり。

お肌のお手入れをしたら、内面からもスキンケアをしなきゃと思って、

夕御飯は野菜を多目にとりました。

あと、目の下のクマも気になるからしばらくホットタオルを目に当ててみました。

こうやって丁寧にケアするのは気持ちが良いけれど、

時間と気持ちに余裕がある日じゃないとなかなかできません…なーんて

言い訳してるから女子力が上がらないんだろうなぁ。

毎日きちんとスキンケアをするように心掛けなきゃですね。

何はともあれ、明日の朝には少しは肌が落ち着いてくれていると良いなぁ。

最近になって、化粧水を買いました。

乳液も買おうか迷っています。

スキンケアというと、やっぱり、女性がファンデーションの下地に使っているものが、

一番良いですよね。

自分としては、カクシーラーで、傷跡を隠したいという理由で使っているのですが、

それにしても、結構肌がきれいになると思いますね。

元々、スキンケアという事に無粋な人間だったのですが、

顔をきれいにするって大事だと思ってもいますし、使っています。

しかし中年差し掛かると、親が言っていたように、顔の保湿が本当にない感じで、

男で普通に肌をきれいにした方がよいと思いました。

若い時は、肌がぷるぷるなんて、親に言われてさっぱりだったのですが、

これからは、スキンケアに気を遣おうと真面目に思いましたね。

色々な化粧水が使われていますが、やっぱり女性用は抵抗がありますので、

男性用の化粧品をよく使っています。

とはいっても、顔の形もきれいになればいいのですがね。

イケメンになりたいです。

ハトムギ化粧水でお肌しっとり!乾燥しらず!

私、実は乾燥肌なんです。

スキンケアは保湿重視。

なにより化粧水で潤いを補給しないと、肌がかさかさになってメイクはのらないしかゆいし、

大変なことになってしまいます。

だから、今まではとろみの強い化粧水を選んで使っていました。

トロッとした化粧水ってしっかり保湿してくれそうな気がしてたんですよね。

でも、なかなか肌に浸透しない感じでベタベタになってしまいがちでした。

それならサラサラした化粧水に変えてみようかな?と思って買ってきたのがハトムギ化粧水。

たっぷり入っているし安いから、とりあえず試してみるつもりで使いはじめました。

それが今ではすっかりお気に入りです。

さらっとした使い心地なのにちゃんと潤うところがいいですね。

今までのトロトロ化粧水よりも肌がしっとりします。

それに安い!スーパーやドラッグストアの安い化粧水の中でも特に安いんです。

これをたっぷりつけて、乳液を塗っておけばエアコンの効いた部屋でも

湿度の低い日でも顔が乾きません。

浴びるように使うことがポイントだと思います。

シーズンごとの、スキンケアとファンデーション

20代の頃は、いろいろなメイク用品を試していました。

気に入って長く使うものもありましたが、さまざまなメーカーの商品を使って使用感を

確かめたいという好奇心が強かったような気がします。

例えば、ファンデーションはどれも同じように見えて、テクスチャーや香り、

カバー力やもちの良さなどが異なるため、実際に自分の肌で試してみないと、

分からない部分が多いものだからです。

季節によってニーズも異なるため、私の場合は1年以内でひとつの品を使いきるようにしており、

春夏と秋冬でファンデーションも着替えするようにチェンジをします。

実際には季節をまたいで使用するのですが、メインとサブというように使い分けています。

また、春夏はスキンケアは水分保湿を重視し、

日差しや紫外線など外的ダメージから守るようなケアをします。

秋冬は保湿ももちろんですが、ミルクやクリームなどで肌の乾燥を防ぐように気を使っています。

冷たい風など外気は肌に負担になるので、

スキンケア後のメイクにはクリームファンデーションが欠かせません。

肌年齢を意識したスキンケアを行うようにしています。

スキンケアは年齢が上がるごとに、使う製品に含まれている成分や、

ターゲットにしている年齢層などを意識するようになりました。

コラーゲンやアミノ酸、植物由来のエキスなど、化粧品会社の研究などにより、

新しい成分や配合がなされたものが順次発売されているため、

それらの個々の原材料名や配合バランスなど、細かく見るようになりました。

年齢とともに肌は衰えていき、水分保持能力やハリやツヤも下降気味になるのは

仕方ないことなので、そのカーブを緩やかに保ちたいと思いますし、

さらにケアすることによりより良い状態になってくれたらうれしいと感じます。

また、肌に負担にならないものをセレクトしたいと感じます。

例えば洗顔料は肌表面の皮脂や汚れはしっかり落としてくれるものの、

肌も潤いを逃さずキープしてくれるタイプが理想です。

その後のスキンケアに使う化粧水や乳液も、保湿や潤いキープ以外にも、

弾力感や透明感などの機能を加えたものだと、エイジングケアも楽しく続けられそうです。

kansouhada0620

肌質は加齢と伴に変化すると聞いたことがあります。

本当にそういうことはあるのかなと少し疑問に思っていましたがどうやらそれは本当のことのようでした。

私の肌質が変わってきていると実感することが多くなってきているのです。

具体的に言いますと若いころから愛用していた基礎化粧品が肌に合わなくなってきているのです。

20代のころから好きで使っていた基礎化粧品でしたが化粧ノリが悪くなってしまいました。

以前の私の肌はオイリー肌でも乾燥肌でもない普通肌で自分で言うのもおかしいですがとてもケアが楽な肌でした。

それが今の肌質は乾燥肌により近くなってしまったようです。

ずっと使ってきた基礎化粧品では肌の潤いを保つことがとても難しくなってしまいました。

肌が乾燥してしまうとシミやシワなどの肌トラブルもこれからは目立つようになってくるのではないかと心配です。

私もそろそろ実際の年齢に合った基礎化粧品を使い始めたほうが良いのかも知れません。

お金がかかって大変ですが良い基礎化粧品を探したいと思っています。

職場に見た目年齢のとても若い50代の方がいます

30代の半ばを過ぎたころから人により見た目年齢に大きな差が出てくるような気がしています。

特に女性の場合は肌のお手入れにどれくらい手間をかけているかで見た目年齢が変わってくるような気がしています。

私はいまパートで働いているのですがパート先にどう見ても30代にしか見えない50代の女性が居ます。

肌などピンとハリがあってシワもなく本当に若く見えます。

一緒に仕事をしていて仲が良くなったので前にどんなスキンケアをしているのか聞いてみたことがあります。

そのとき言われたのは、とにかく睡眠時間をちゃんと取るようにしているという事と

基礎化粧品だけではなく美容に良いサプリメントも飲んでいるという事でした。

肌のターンオーバーを促進させるために夜は10時過ぎには寝てしまうとおっしゃっていました。

基礎化粧品は特別なものは使っていないそうです。

その代わりコラーゲンのサプリメントを30代のころから飲み続けているということでした。

私もその方を見習って生活習慣を見直して見たりサプリメントを使ってみようかなと考えています。

年齢とともに少しずつ変わってきた肌のお手入れ

普段のスキンケアといえば、顔を洗ってから化粧水で仕上げて終わり。

甘やかすとわたしの肌はとたんになまけるのです。

そんなスパルタ状態で今までずっと来たのですが、

ここ最近になって肌のターンオーバーが年齢のせいかうまくいかなくなっているのでしょう、

ごわつきを感じるようになりアイテムをひとつ増やしました。

ピーリング化粧水です。

週に1度化粧水の前にほんの少し使っただけで化粧水の浸透がよくなり、

肌は生き返り、またしばらくいつもの良い状態が続きます。

そういえば昨年、化粧水も今まで使っていたものでは物足りなくなったので発酵系に変えていました。

うすうす気づいてはいましたがスパルタで良い時期はとっくに終わっていたようです。

これからは肌と相談して、その時に必要なアイテムを年齢を重ねていくように

ひとつひとつ増やして肌を労わって行こうと思っています。

今は、次にプラスするアイテムをわくわくしながら探しているところです。

一気にラインでそろえる楽しみはまだまだ先のためにとっておきます。。

ニキビができてしまった時には薬で治します。

肌の悩みの一つと言えば、ニキビです。

私はニキビができやすい体質なのか、いつでもニキビがあります。

小さなニキビは常にあり、時々大きなものができてしまいます。

そこで、大きいものができてしまった時には特に、治すように努力しています。

まず、塗り薬をぬるのです。

毎日の洗顔後に塗り薬をぬるようにしています。

塗り始めの時は効いている感じがしますが、毎日続けているとだんだんとやはり効果がなくなっていきます。

それでも、塗らないよりは良いだろうと、続けています。

そして、どうしてもこの日はニキビをなくしておきたい、と思う、

ここぞという日があったら、その日の二、三日前から、飲み薬を飲むようにします。

普段から使っていると塗り薬のように効果がなくなってしまうと思うので、ここぞという時のみ飲むようにしています。

そうすると、みるみる治るので、この方法はとても良いのだと思います。

薬も使い方一つで効果が変わってくるので、上手に使いたいです。

kasakasahada

アトピー体質で日頃からクリームが欠かせない私。

何とかならないものかと気になっていましたが、

ボディシャンプーや石鹸などをつかわずにお湯だけで洗う、湯洗いという方法を実践しています。

今まではお風呂上がりには全身にクリームを塗ることで保湿していましが、

それでも背中などは痒くなっていたのでイライラすることも多かったです。

取りあえず髪はシャンプーを使い、顔、おしり、足は石鹸で洗う。

体は完全に湯シャワーで手のひらで洗い流している。

ボディシャンプーなどで洗ったほうがかえって楽のようですが、

お風呂上がりの肌のヒリヒリ感やつっぱり感が全くなくなったのです。

あれだけクリームをたっぷり塗らなければいけなかったのに、クリーム無しで痒みもないので驚きです。

有名タレントの方が実践されていると聞いたことがあったのでマネをしてみたけど結果的に良かったです。

以前皮膚科の先生から、あなたは皮膚が乾燥しているから毎日体を洗わなくていいよと言われたことがありますが、

そう言うことだったんだなと思い、今更ですが先生ごめんなさいという気持ちです。

ニキビをそもそもできないように日々気を付けています。

肌の悩みの一つと言えば、ニキビです。

ニキビは一度できると完全に治るまでには意外と時間がかかります。

そこで、そもそもできないようにするために、日々気を付けています。

一番気を付けていることは、早寝早起き、適度な運動、栄養バランスのとれた食事をするという、

規則正しい健康的な生活を続けることです。

これがもっともニキビのできにくい肌に仕上げる方法なのです。

夜更かしをした翌日にニキビができていることはよくあることですし、

チョコレートの食べ過ぎを始め、偏った食事が続くとニキビができていることがよくあります。

運動をして体の余分な汗や汚れを落とすことも大切です。

また、ストレスをためすぎないことも大切なことです。

ストレスを感じないことが一番ですが、それは難しいことです。

そこで、日々のストレス発散を定期的に行うことに気を付けています。

私の場合は毎日の仕事でのイライラを、家族に愚痴って発散しています。

これらのことを気を付けて、私はニキビを防いでいます。

保湿クリームを替えて肌の調子が良くなりました

スキンケアをしていて肌の調子が以前より良くなってきているような感じがしています。

毛穴が目立たなくなってきていますし肌のゴワつきもおさまってきています。

肌のトーンも少し上がったようで肌色が明るくなってきたようにも感じられます。

少し前まではこんなことはなかったので最近はスキンケアが楽しくなってきました。

私の肌の調子が良くなってきているのは多分、保湿クリームを替えたのが影響しているのだと思います。

私は数ヶ月から今の保湿クリームを使い始めました。

肌トラブルが目立つようになってきていたので基礎化粧品を替えてみようかなと

思いネットショップでいろいろと良さそうなコスメを探しているとき見つけた保湿クリームです。

クチコミの評価が高くて美容成分として有名なロイヤルゼリーやプロポリスなどが含まれている保湿クリームでした。

値段が1000円程度で私でも気軽に買える金額だったので買って使い始めてみたのです。

使い始めて保湿力が高いクリームだとすぐに判りました。

私の肌の調子が良くなっているのはきっとこのクリームのおかげだと思っています。

suppinbizin

30代も半ばになると、
スッピンがだいぶイタいことになってくるのは私だけでしょうか。

そんな中、仕事で先日「スッピン女子」に会いました。

ずっと『薄化粧』なんだと思っていた彼女、
実はなんとスッピンだったんです。

噂に聞いたことがあったノーメイク女子。

メイクは身だしなみの一つだし、マナー違反だろうと思ってましたが、

彼女のきれない素肌ときちんとした身だしなみに悪くないかも、とあっさり影響されました。

といっても、ノーメイクでの出社なんて、
私にはそんな勇気はないので無理ですが、
せめて目指したいスッピン美人。

聞けば核酸のクリームを使ってるというので、私も早速使ってみることに。

今までいろいろとクリームを試してみましたが、
核酸のクリームって少し違う感じがします。

しっとりというかもっちりというか。

ただ、若干ベタつく感じがするので、ひとまず使用は夜に限定。

そして使うこと1か月。

気のせいか、肌のもっちり感が増した気がします。

彼女と同じことをやっても、
今さら彼女と同じ肌にはなれないけれど、
もう少し続けてみようと思ってます。

冬は乾燥しないように特に気を付けたいと思っています。

最近、まぶたがカサカサと乾燥しやすくなってきました。

肌の乾燥も早めに対策を取って、乾燥状態がひどくならないように気をつけたいと思っています。

私は乾燥がひどくなると普通の保湿クリームでは効果があまりなく、尿素入りの医薬品のクリームを使っています。

今年の秋からは普段より早めに、この保湿クリームを使うことによって、秋の肌の乾燥を防ぐことができました。

しかし、一番乾燥が大変なのは冬です。

冬の季節にしっかりと保湿対策を行い、肌あれにも効果のあるスキンケア対策を行っていきたいです。

特に空調は空気が乾燥するので、乾燥肌へのダメージがさらに大きくなってしまいます。

なるべく乾燥肌がひどくならないように空調の暖房がある場所では、こまめに水分補給を取るなどの対策を取っています。

また、冬は水分が不足してくると風邪も引きやすくなってしまいます。

そして、静電気も起きやすくなってしまいます。

なるべく湿度を適度に保ち、肌への負担が少ない状態を意識して保っていきたいです。

乾燥肌ケアはお風呂から。熱いシャワーを浴びない

乾燥肌ケアって、保湿だけじゃないと悟った私です。

普段から皮膚科に通っているけれど、きっと保湿剤を塗るだけじゃ根本的解決には至らないのでは?と気づきました。

多分、キモはお風呂にあります。

お風呂大好き日本に住む私たち、きっと誰でも熱いお風呂が大好きだと思うんです。

でも、本当は38度くらいの熱すぎない温度がお肌に優しいんじゃないかって気付きました。

熱すぎるお風呂は痒みを誘発するように思うんです。

きっと最強の乾燥肌ケアは38度のお風呂にゆっくりつかることなんじゃないかな。

そうすれば保湿剤ジプシーをすることもなく、自然なお肌の力でもちもち肌でいられそう。

女友達と温泉旅行に行ったときに嫉妬されちゃうような美肌になりたいです。

乾燥肌だったのにすごく綺麗じゃない?って言われちゃうような美肌に。

きっとゴシゴシタオルでこするのもお肌にはよくないと思います。

優しく優しく丁寧に、毎日ゆっくりケアしてあげれば、お肌はきっとこたえてくれるはず、と信じています。

あっさりメイクで美人を作る。日々のスキンケア

最近の私は仕事も遊びもメイクはあっさりめです。

日々のスキンケアをしっかりしていれば、素肌をいかしたメイクができるので。

結果、ノーファンデメイクも余裕で可能になりました。

そのほうがメイクを落とすのも楽だし、何よりお肌が呼吸できて喜んでいるみたいです。

メイクで素肌を作りこむより、日頃からお肌をきれいにしておくほうが断然美人になれちゃうって気が付きました。

お肌がきれいだと、メイクなんて全然安い化粧品でOKなんですね。

眉を整えて、チークとアイラインとマスカラだけささっとやったら、あっという間に美人顔の完成です。

ああ、もっと早く気付いておけばよかった。

あんなに化粧品にこだわる必要なんてなかったんですね。

お化粧品代が減ったので、その分をお洋服にまわせちゃいます。

私は、お洋服は体型を活かしたラインのすっきりした服を着たいので、体型キープも欠かせないです。

スキンケアもダイエットも日々の積み重ねなんですね。

おさぼり厳禁のちょっと厳しい世界です。

kosodate

アラフォーと言われる年齢に近づきスキンケアが欠かせないお年頃になってきました。

まだ子供がいなくて身軽な頃はお風呂上がりの美容液を塗る時間やパックをする時間に余裕がありました。

あとよくやっていたのが湯船に入りながら洗い流すタイプのパックをしてゆっくりと本を読む事でした。

今思え最高な自分磨きの時間でした。

ところが子供を出産してからは化粧水をぱぱっと付けるだけ…。

美容に頑張ってる人はちゃんとスキンケアしてると思いますが不器用な私にはこれが精一杯です。

まあ、言い訳なんですけどね。

そんな適当なスキンケアを続けて5年が過ぎました。

子供も少し大きくなり、まだまだ手はかかりますが自分で体を拭いたりパジャマに

着替えることもできるようになってきたので最近は少し余裕が出来てきました。

今までは化粧水だけで済ませてきましたがやっと乳液や美容液等をゆっくりと

お肌に浸透させる時間が出来て、
乾燥気味だった私の肌も少しは潤いを取り戻したような気がします。

あと数年したら子供も自分一人でお風呂に入れるようになるのでその時になったら

またお風呂パックができると思うと楽しみです。

今は子供中心で自分に時間をかけるのは大変ですが世の中のお母さん達、頑張りましょうね。

肌にあったスキンケアを教えてもらいました。

ずっとオイリー肌だと思いスキンケアをしていました。

前に肌診断をしてもらった時も確かにオイリーという結果になったので余計にです。

ただ、ある時から口の周りに少し白い粉をふくようになってきてスキンケアをすれがするほど酷くなってくる有様です。

気にし始めるとそこだけに目がいくようになり乾燥しているのだと保湿の強いクリームを使い始めました。

あるショップの方に相談したところオイリーではなくコンビネーション肌なのだと

言われオイリーとドライの2つのスキンケアが必要とのことで、新たに購入してかなりの出費に。

接客をしているのでベトベト、テカっているオイリー、口周りだけ白いドライのどちらもお客様の印象が良くない為、

仕方がないと2ヶ月ほど使ってみました。

ただ、余計に肌が安定してない感じがして、美容に詳しい知人にどうやってスキンケア製品を選んでいるのかを

聞いてみました。

そこで教えてもらったことで目が覚めました。

スキンケアは季節と自分の長い時間を過ごしている環境で肌の状態が変わるのでそこに合わせて、

さらに保湿も脂が足りないのか水分が足りないのかで選び方が全然変わってくるとのこと。

仕事柄、冷房や暖房の効いた室内で過ごすことが多い私は乾燥して当然らしくオイリーになりがちの

肌も脂が多いのではなく足りないのでそうなっているのではないかということでした。

肌にあったスキンケアとは肌がさらされている環境と成分による保湿の度合いや働きをしっかりと

考えて行うものだと教えてもらい、1から選び直し今では日に日に肌が安定してきています。

知る悲しみ。もう知らなかった頃には戻れない。

先日、自分への誕生日プレゼントとしてフェイシャルエステのフルコースを予約しました。

個人経営の隠れ家風サロンで小奇麗なマンションの一室に落ち着いた間接照明のインテリアの中、1対1での施術です。

最初のクレンジングの後は蒸しタオルで顔を覆って毛穴を開かせ小鼻の角栓を吸引。

その後エステティシャンの白魚のような指先でパッティングされたりマッサージされたり後半は熟睡して

しまってあまり覚えていません。

眠っていたのはほんの30分ほどでしたが目覚めた時は8時間寝た位のスッキリ感でした。

施術後、ハーブティをいただきながら吸引された角栓を見せてもらいました。

自宅ではいけないとは知りつつも指で押しだしてしまう角栓ですが

ごっそり取れたのを見るとものすごい満足感がありますね。

毛穴もお肌もツルツルになって帰宅したのですが生きている限り再びお肌は疲れ角栓も貯まります。

一度あの快感を覚えてしまうともう知らなかった頃には戻れない。

島地勝彦さんの言う「知る悲しみ」とは本当に言いえて妙ですね。

甘美な感触を思い出しながら再び来年の誕生日にあのサロンを予約しようと決めたのでした。

気分爽快で笑顔を絶やさない快適な1日を過ごそう

今日は、快晴です。

ちょうど太陽の日差しが差し込む朝8時に起床。

朝のスタートは、まずカーテンを開けベランダに出ます。

そして、ダイヤモンドのように光輝く海を見渡しながら太陽を全身に浴びて体内に「ビタミンE」を生成し、

大きな深呼吸をし森林から「マイナスイオン」を取り入れ、済みきった青空や鳥たちに「おはよう」と言います。

気分がすっきりしたら、次に顔を洗顔ではなく「エッセンスローションUV」(化粧水と乳液が1つになった

UV カットがある化粧液)をコットンに含み拭き取ります。

これで顔はすっきり目が覚めます。

そして、朝食。

お腹の調子を整えるヨーグルトとバナナで肌も快調。

食後30分後は、有酸素ストレッチでパワーアップ。

そして、昼食。

美肌効果のある味噌汁は欠かせません。

午後は外出、その前にUV ケアを念入りします。

そして、自分の好きなドライブをしながら景色を堪能しリフレッシュ。

夕食は、美肌効果のある豚肉でしゃぶしゃぶ。

もちろん味噌汁付き。

そして、1日の締めは、入浴。

温かいお風呂に浸かり、好きな香りや疲れ効果のある入浴剤でリフレッシュ。

体も心もポカポカに。

そのあとは、エッセンスローションUVで保湿を。

そして、22時には寝床について「今日1日お疲れ様でした、ありがとう」と言い気分爽快で就寝。

美肌作りは、内側から外側からケアすると最も効果的で日々の笑顔につながりますね‼

秋の終わりごろから、冬にかけては、ハンドクリームはかかせません。

だんだん年齢がいくにつれて、指先がカサカサしてくる季節が早まってきたような気がします。

食器の洗い物をする時は、すべりやすいので、ゴム手袋はしないのですが、せざるをえなくなってきました。

お米を研ぐのもやめて、無洗米を使うようにしました。

野菜などを洗うと、とたんにあかぎれができてしまいますので、手袋をして洗うようにしました。

昔のお母さんの手みたいです。

先日、通販のホームページで、偶然かわいい物を見つけました。

外国製で、人気のメーカーのハンドクリームのセットです。

さまざまな香りのハンドクリームとちいさなおまけつき。

香りの強いものは好きではないけれど、パッケージがかわいいし、

寝る前に手につけたら、アロマみたいで、ぐっすり眠れるかも、なんて思いました。

自分へのごほうびに買おうかどうかさんざん迷い、冬になったら必需品だし、

とも言い聞かせて買い物かごに入れちゃいました。

スキンケアは思い切り使えるものを使いましょう!

化粧水、美容液、乳液、、スキンケア用品はとにかく種類がたくさんあるし、、価格もぴんきり。

口コミでこれはオススメって商品を見るとついつい試したくなるし、

年齢とともにお肌もトラブルが増えて、できるだけ良い化粧品を使おうって無理して

身の丈にあっていないものを買ったり。

女子ならきっとあるある、こんな経験。

でもわたしは、思うのです。

いくら高い化粧水を買ったからってたいして肌の調子が変わらない、ということを。

確かに微々た変化はあるかもしれない、ひょっとしたら知らないところですごい変化が起きているのかもしれない。

でもね、無理して高い化粧水買ってちまちま使って、

保湿足りなくなって乾燥して、ってことになるくらいなら、

わたしは多少安くてもばしゃばしゃしっかり使えるものがイイ、とこう考えるようになりましたよ。

今では化粧水は手作りのものをプレ化粧水にしてそのあとオーガニックのアロマ化粧水つけて、

ドラッグストアでも販売している安い乳液で済ませています。

たったこれだけなのに、高い化粧水を使用していたころと比べてなぜか乾燥しらずな肌になりました。

スキンケア、ライン使いってどうしてもしなきゃダメ?

スキンケア商品は、たいがい化粧水から乳液まですべてライン使いができるように各ブランドそろってますが。

ライン使いって本当にしなきゃだめ?ひとつのブランドで、美白~とか保湿~とかうたっている商品、

ラインで使わないと効果でないのかな。

ずっとそんな疑問を抱えてましたが、同じブランドでも化粧水はいいんだけど乳液が

ちょっと保湿が足りないなーとか、これは匂いがちょっと受け付けないなーとか、色々ありますよね。

ライン使いって無理してしなくてもいいんじゃないかって私は思うのですよ。

例えば、すっごくお気に入りの高い化粧水を使ってて、

でも乳液までそろえちゃうとちょっと予算オーバーな時とか、それでも無理して揃える必要ってないと思います。

自分の肌をしっかり観察して、これが合うと思うものが一番良いんです。

たとえ美容部員さんにおすすめされたとしても、ね。

中には美容液の口コミは高いのに、なぜか他のスキンケアの評価は低い、とかたまにそういったものもあるし。

大事なのは肌に良いものを選ぶ、ということだよね。

Flowers

BADGER(バジャー)のリップクリームが乾燥する季節の私のお気に入りのリップクリームです。

スキンケア商品の中でも、特に唇につける口紅とリップクリームは食べたり飲んだりする

際に食事と一緒に体内に入る確率が高いので、

原材料の安全性などをいつも考えて選ぶようにしています。

その点、バジャーのリップクリームであれば、

材料は天然成分でそれもオーガニックなので、安心して使うことができます。

乾燥してくると、唇がカサカサし始めて気づいた頃には唇にヒビが入って時には

血が出ることもあったのですが、

バジャーのリップクリームを使い始めてからは保湿力が高いせいか、

唇が切れて出血することはなくなりました。

また、持続効果も高いのか、無精で何度も塗りなおしたりしない私ですが、

お風呂あがりと朝起きてから塗るだけで、プルプルの唇を保つことができています。

また、香りも穏やかでアロマ効果があるせいか、つけているとすごく癒やされます。

ピーリング化粧水を使った毎日のケア方法について

毛穴って気になりませんか?メイクで隠そうとしても、厚塗りになってしまったり、

ということもあると思います。

キレイにすることが出来れば、メイクもナチュラルに近づけることが

出来るんじゃないかなと思います。

最近何かと話題になっている、オロナインパックやニベアパック。

凄く簡単なのでやってみてください。

本当にスッキリします。

毛穴が心なし目立たなくなったのかな、って思えるんです。

ニベアパックはお風呂の中で出来るというメリットもありますし、

お風呂をエステタイムにすることができる、っていう感じがいいと思います。

他にピーリング化粧水を使う方法もあります。

ピーリング化粧水にも色々な種類があり、

ふき取りタイプのものや一般的な化粧水のようにお肌に馴染ませるタイプのものがあります。

お肌に馴染ませるタイプのものは、夜寝る前に付けるようにしています。

そうすると朝起きた時にお肌がワントーン明るくなったような、そんな感じになれます。

三十路からのお手軽手抜き洗顔で乾燥知らずに

妊娠した頃は働いていたので、バッチリメイクをし、

メイク落としと洗顔料でダブル洗顔していましたが、出産後は育児に追われたり、

メイク用品もブランドや流行よりも手軽さや自然派の天然成分配合のものが気になるようになった上、

マスカラもお湯で落ちるタイプを使うようになりました。

メイク用品も石けんで落ちるようなものばかりになり、

ナチュラルメイクになったこともあり、ダブル洗顔も不要になりました。

夜は石けんを泡立ててお湯で洗うだけです。

朝は洗顔料も使わず、ぬるま湯で洗うだけです。

すっごく手抜きなのですが、30代も後半になると皮脂量も多くないので、

吹き出物ができることもなく、洗いすぎないせいか、肌が突っ張ったり、

カサつくこともなくなりました。

手抜き洗顔以外にも、スキンケア用品を防腐剤や石油系界面活性剤不使用の天然成分配合のものに

変えたのも良かったのかもしれません。

時間がないため、仕方なく手抜きになってしまった洗顔方法ですが、

今ではカサつき知らずです。

探してみる価値あり!ご当地スキンケア商品

今日は、徳島県を特集!!意外と知られていないのですが、

徳島県では藍染めがかなりポピュラー。

藍染というと、おばあちゃんなイメージですが、これがかなり優れもの!

藍染め職人さんの手は、着色汚れがあるものの、とってもスベスベできめ細かいんです。

それを生かしたスキンケア商品も、最近になり開発されたらしく、これがかなり優秀。

美魔女の間で有名になりつつある、藍のエキスを使ったせっけんがあるんです。

美魔女じゃないけど私も、けっこうベビーユーザー(笑)敏感肌で、

肌に合うせっけんを探すのは、なかなか難しいもの。

買って使って合わなかったら、また他のものを買って。

そんなことを繰り返していまして、家には大量の使えなかったせっけんコレクションが…でも、

この藍染めせっけんを使いはじめて、「せっけんは、ただ洗うだけ」から

「せっけんでスキンケアができる」へ。

洗い上がりしっとり、肌荒れも激減しました。

市販のものは何かと添加してありますが、ご当地ものは自然派のものが多くて安心です。

ネットで気軽にお取り寄せできる時代!自分に合うご当地スキンケアを探してみるのも楽しいですよ!

Jewelry 002

いつもお世話になっている美しいアラフォーの美容師さん。

お肌がいつもつやつやしています。

何か秘訣はあるんですかと聞くと、美容皮膚科でピーリングをしているとのこと。

なるほど是非試してみたい!さっそく家に帰ってネットで検索検索・・・すると、

なんと自宅で手作りピーリングが出来るとの情報が!しかも結構たくさん出てくる。

アレ、知らないの私だけか?という気にすらなりましたが・・。

しかも材料は薬局で100円程度で買えちゃう精製水と、数百円で買えちゃうクエン酸の粉末のみ。

やるっきゃないでしょうと近くのドラックストアに駆け込みました。

ついでにスプレーボトルも購入。

これでシュシュっとしようかなと。

小さじ1のクエン酸に50mlの精製水を混ぜて出来上がり。

恐る恐るシュッ・・・。

おお!なんかちょっとぴりぴりするけど、効いてる気がする!

二の腕やおしりのザラザラにもたっぷりシュッ。

心の中で50程数えてから洗い流しました。

お風呂からあがって顔を見ると、なんか白くなってる。

小鼻がザラザラしてない。

コレ本物だわ・・。

今までどんなに高い化粧水を使っても無理だったクスミが一回で取れた・・。

日を空けて週2ペースでやると良いらしいので、続けてます。

おかげで二の腕のザラザラもかなり改善され半袖も怖くないです(笑)あ、

ちなみにこれをやった後は12時間は日光に当たっては行けないとのことなので、

夜にやりましょうね。

手作りクエン酸ピーリング、おすすめです!!

洗顔後にツッパリを感じて初めてのスキンケアデビュー

二十代半ば頃までは、化粧水を買ったり買わなかったり、

使ったり使わなかったりとしていたんですが、お風呂上がりに顔がツッパるのを初めて感じまた。

水で洗い直してもツッパリ感がとれなかったので、

早急にドラッグストアに行ってスキンケアセットを購入しました。

コレ1本でOKというオールインワンタイプではなく、

メーカーのお姉さんに肌診断もしてもらって、適切なタイプの化粧水を購入しました。

化粧水を染み込ませたコットンの持ち方や、顔の部位のどこにつけるかの順番などを教わりました。

コットンも安物だと化粧師がダダ漏れになるけど、高級コットンだと、

綿に染み込んだ化粧水が肌にのせると、皮膚に化粧水が染み渡り、

手で化粧水をつけるよりも、コットンで付ける方が、まんべんなくつけれると教えてくれました。

そして化粧水だけでは、せっかく肌に補給した水分が蒸発してしまうので、

蓋の役割を果たす乳液も必要だと教えてもらいました。

不精なので何度かオールインワンタイプの物を買いましたが、

やっぱり肌に合わず、化粧水と乳液は分けて使ってます。

今は、乳液を朝用のクリームと夜用と分けて使ってます。

痛い!乾燥肌で困っている私が実践している3つの事

冬になってくると乾燥して、肌(特に顔)が痛くなってきます。

また、お風呂にはいったら、赤い蕁麻疹のようなものが出てきて困っています。

蕁麻疹は小さい頃からで、病院にも行っていましたが、温感蕁麻疹といって、

熱に反応する蕁麻疹なので、完全には治らないようで、あきらめています。

顔のスキンケアについては、いろいろネットで調べた結果、気を付けている事は ・

熱すぎるお湯で洗わない ・ゴシゴシ洗いすぎない ・洗顔後はすぐに化粧水をたっぷりつけて、

乳液とクリームを大量につける 以上3点に気を付けています。

肌を洗う場合のお湯の適温は、自分の体温と同じくらいがちょうどイイらしく

熱過ぎても冷たすぎてもダメだそうです。

ゴシゴシ洗いは肌の油を落としすぎるので、肌にしてみたらは『え?無くなったの?

いっぱい補充しとくね』という具合に、完全になくなると大盤振る舞いでガンガン油を出します。

結果テッカテカになっちゃうので、またガンガン洗うの無限ループです。

寝る時は特にたっぷり乳液を塗ってから寝る

スキンケアは面倒だと思う方も多いようですが、習慣になると特に負担を感じることなくできます。

それに、自分の肌がよくなっていくのを毎日実感するというのはとても前向きに過ごすこと

ができるので、本当に若い時から積極的にやった方がいいと思っています。

今やっているスキンケアは数年後の為に、と思ってやると続けられるのかもしれません。

肌はケア用品がたくさん売られていますし、確かに使うと効果を実感できるものばかりです。

これまでの経験上、やはりいい値段のするスキンケア製品は効果も高いです。

ただ、それ以外でもストレスを感じて生きていると肌に出やすいというのも本当だと思います。

美しさは内面からも、なんてよく言いますが肌もかなり心の持ちようでよくもなり悪くもなると思います。

ここ最近はいつもより乳液の量を多めにしています。

それと、寝る前の乳液の方も多くしていて心の方も前向きな状態を保ったまま寝るように

心がけてはいます。